サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2010.09.10.更新

ドライトマト

太陽の恵みがたっぷり、ドライトマト

@KAGOME
@KAGOME
 9月に入っても、まだまだ暑い日が続いています。厳しい残暑にうんざりしてしまっている人も多いのではないでしょうか。

 この暑さを利用して出来る、エコな簡単料理があります。それがドライトマトです。


ドライトマトはその名の通り、トマトを乾燥させた食材です。
乾燥させたトマトには、旨みや甘みが凝縮されています。

水に戻して使うことも出来ますが、そのままサラダに入れて食べることも出来ます。
戻し汁にはお野菜の出汁がたっぷり入っているので、スープに使っても美味しいですよ。

ドライトマトは無駄のない節約食材でもあるのです。

また、ドライトマトの最大の長所は保存が出来る点にあります。
トマトを買いすぎてしまった時、傷んで捨ててしまうのでは勿体ないですよね。

ドライトマトにして、オリーブオイルに漬けておけば長期間保存出来ますよ。

@KAGOME
@KAGOME
 ドライトマトの作り方はとっても簡単です。暑い時期であればトマトを切って、天日干しにし、乾燥させれば完成です。

 乾燥度合いにより、含まれる水分量が変わります。水分量によって、味わいも変化します。長期保存をするときには、よく乾燥させてください。


ドライトマトは天日干し以外にも、オーブンや電子レンジで作ることが出来ます。
こちらの作り方もとても簡単です。

ドライトマトはイタリア料理によく合い、パスタやピザを作る時にも便利です。
色合いが鮮やかなので、料理を美味しく見せてくれます。

エコな料理は、まず無駄をなくすことが大切です。
キッチンから出るゴミを減らすためにも、食材の使い方を色々と工夫してみましょう。(satoko)


KAGOME
http://www.tomato-ks.com/topics/drytomato/index.html

前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

エコダイアリー「EQUOLOGY」 11.12.
そろそろ手帳を買いかえる季節ですね。エコな手帳で環境を考える一年を過ごしてみませんか?
水道を見直す「水Do!キャンペーン」 11.02.
日本の水道水は世界的に優れています。もう一度、水道について見直してみませんか?
ウォームビズにエコマフラー 10.29.
肌寒い季節になってきました。どんな場面にも使えるエコマフラーでウォームビスをしましょう。
ゲームセンターにもエコバッグを 10.19.
最近、流行しつつあるエコバッグ。買い物だけではなく、意外なところでもエコバッグが使われるようになりました。
布ぞうりを作ろう 10.08.
余った布なので簡単に作れる布ぞうりが話題になっています。エコロジーなぞうりを作ってみませんか?